これまでの軌跡

                                         
年月  
2001年2月 株式会社北海道市民風力発電として北海道札幌市に設立。第一号市民風車「はまかぜ」ちゃんの建設及び保守、運転管理を行う。
設立時資本金 25,000千円
2002年12月 第1回増資 45,000千円
2003年2月 NPO法人グリーンエネルギー青森より開発および建設を受託した市民風車わんずが青森県鯵ヶ沢町にて運転を開始。
同年3月 NPO法人北海道グリーンファンドより開発および建設を受託し、秋田県天王町(現潟上市)にて建設を進めてきた市民風車天風丸が運転を開始。
同年11月 関東以西の市民風車事業支援を目的として、株式会社市民風力発電を全額出資で設立
2005年2月 有限責任中間法人グリーンファンド石狩より開発および建設を受託した市民風車かぜるちゃんと、有限責任中間法人いしかり市民風力発電より開発および建設を受託した市民風車かりんぷうが、北海道石狩市にて運転を開始。
2006年2月 有限責任中間法人市民風力発電おおまより開発および建設を受託した市民風車「まぐるん」ちゃんが青森県大間町にて運転を開始。
同年3月 有限責任中間法人あきた市民風力発電より開発および建設を受託した市民風車竿太朗と、有限責任中間法人秋田未来エネルギーより開発および建設を受託した市民風車風こまちが、秋田市にて運転を開始。
同年7月 有限責任中間法人うなかみ市民風力発電より開発および建設を受託した市民風車かざみが千葉県旭市にて運転を開始。
同年10月 株式会社市民風力発電を吸収合併。存続会社を株式会社北海道市民風力発電とし、社名を株式会社市民風力発電と改称
2007年3月 第2回増資 91,500千円(内資本準備金11,500千円)
同年7月 有限責任中間法人波崎未来エネルギーより開発および建設を受託した市民風車なみまるが茨城県神栖市にて運転を開始。
2008年1月 特定非営利活動法人北海道グリーンファンドより開発および建設を受託した市民風車かなみちゃんが北海道石狩市にて運転を開始。
同年12月 第3回増資 148,130千円(内資本準備金11,500千円)
2009年1月 第4回増資 182,500千円(内資本準備金11,500千円)
2010年3月 第5回増資 188,100千円(内資本準備金11,500千円)
同年6月 一般社団法人輪島もんぜん市民風車より開発および建設を受託した市民風車のとりんが石川県輪島市にて運転を開始。
2012年4月 一般社団法人グリーンファンド秋田ならびに同このうら市民風力発電より開発および建設を受託した「夢風」「風民」が秋田県にかほ市にて運転を開始。
2013年2月 株式会社ウイネット向浜より開発および建設を受託した向浜風力発電所が秋田市にて運転を開始。
2013年4月 株式会社ウイネット西目より開発および建設を受託した西目風力発電所が秋田県由利本荘市にて運転を開始。
2014年12月 株式会社厚田市民風力発電より開発および建設を受託した市民風車「厚福丸」「あい風未来」の2基の風力発電所が北海道石狩市厚田区にて運転を開始。
2014年12月現在 計16箇所の全ての市民風車を含む風力発電所の運転保守管理業務を受託。

ページのトップへ

  • LINK
  • 環境影響評価について
  • 株式会社自然エネルギー市民ファンド
  • 株式会社市民ソーラーシステム
  •